子どもに虫歯をうつさないためのママのケア - 広尾麻布歯科

受付時間

平日

9:30〜19:30

土日祝

9:30〜18:00

pc

WEB予約

pc

WEB予約

pc

平日 9:30〜19:30
土日祝 9:30〜18:00

アクセス

アクセス
診療時間

お知らせ

News

2024.06.28

ブログ

子どもに虫歯をうつさないためのママのケア

子どもに虫歯をうつさないためのママのケア

広尾麻布歯科です。



子どもの虫歯予防は、親として大切な役割の一つです。特にママは、子どもとの密接な関わりから、虫歯菌をうつさないための注意が必要です。この記事では、ママが実践できる具体的な虫歯予防のケア方法について詳しく解説します。



1. 自分自身の口腔ケアを徹底する

ママ自身の口腔内が健康であることは、子どもへの虫歯菌の感染を防ぐために非常に重要です。



・定期的な歯科検診:
ママ自身が定期的に歯科検診を受け、虫歯や歯周病の治療を行うことで、口腔内の健康を維持します。これにより、虫歯菌の数を減らすことができます。



・正しいブラッシングとフロッシング:
毎日の正しいブラッシングとフロッシングを徹底しましょう。フッ素入りの歯磨き粉を使用することで、虫歯予防効果が高まります。



2. 食器やカトラリーの共有を避ける

親が使用した食器やカトラリーを子どもと共有することで、虫歯菌がうつるリスクが高まります。



・専用の食器を用意する:
子ども専用の食器やカトラリーを用意し、親と共有しないようにしましょう。



・口移しを避ける:
食べ物を冷ますために親が噛んでから与えることや、口移しで食べさせることは避けましょう。



3. キスや口づけに注意する

愛情表現としてのキスや口づけも、虫歯菌の感染源となる可能性があります。



・口元へのキスを控える:
子どもの口元へのキスは控え、頬や額にキスをするようにしましょう。



・手やおもちゃの清潔を保つ:
子どもが口に入れるおもちゃや手は、常に清潔に保ちましょう。これにより、口腔内への細菌の侵入を防ぐことができます。



4. 健康的な食生活を促す

子どもの虫歯予防には、食生活も重要な要素です。



・砂糖の摂取を控える:
砂糖を多く含む食品や飲み物は虫歯の原因となるため、摂取を控えるようにしましょう。特に間食としてのお菓子やジュースの量を管理することが重要です。



・バランスの取れた食事:
カルシウムやビタミンDを多く含む食品を摂取させることで、歯の強化に役立ちます。乳製品、魚、緑黄色野菜などを積極的に取り入れましょう。



5. 定期的な歯科検診を受ける

子ども自身も定期的な歯科検診を受けることで、早期に虫歯を発見し、治療することができます。



・初期の虫歯の発見:
定期検診を受けることで、初期の虫歯を早期に発見し、進行を防ぐことができます。



・歯科医師からのアドバイス:
歯科医師から正しいブラッシング方法やフロッシングの指導を受けることで、家庭でのケアがより効果的になります。



【まとめ】

子どもに虫歯をうつさないためには、ママ自身の口腔ケアを徹底し、食器やカトラリーの共有を避けることが重要です。また、キスや口づけに注意し、健康的な食生活を促すことも大切です。子ども自身の定期的な歯科検診を受けることで、早期に虫歯を発見し、適切なケアを行うことができます。



広尾駅から徒歩2分の歯医者・歯科
全ての患者さんを家族と想う広尾の総合歯科医院

広尾麻布歯科
住所:東京都渋谷区広尾5-13-6 1階

電話:03-5422-6868

Contact

お問い合わせ

各種お問い合わせは下記よりお願いいたします。