矯正歯科/マウスピース矯正|広尾駅徒歩2分美しい歯列と歯並びは渋谷区の総合歯科、広尾麻布歯科

受付時間

平日

9:30〜19:30

土日祝

9:30〜18:00

pc

WEB予約

pc

WEB予約

pc

平日 9:30〜19:30
土日祝 9:30〜18:00

       アクセス

アクセス

矯正歯科治療

矯正歯科

Medical information

矯正歯科治療の概要

矯正歯科治療の概要 (矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

矯正歯科治療とは、不正確な歯列や噛み合わせの問題を修正し、機能的にも美しい歯列に整える専門的な歯科治療です。この治療では、歯を削って差し歯にするような処置は原則として行われません。代わりに、矯正装置を用いて歯や顎の骨に適切な力を加え、時間をかけて歯列と噛み合わせを矯正していきます。歯が不揃いであったり、上下の歯列が正しく噛み合わない状態は、「不正咬合」と医学的に定義されます。

不正咬合を放置すると、以下のような様々な問題が生じる可能性があります。

  • 食べ物を効率的に噛み切ることができない
  • 歯周病にかかりやすくなる
  • 口臭の一因となる
  • 顎の関節への過度な負荷がかかる

これらの問題は、日常生活における快適さや健康を大きく損ねるため、矯正歯科治療による適切な対応が推奨されます。この治療を通じて、患者さんは正しい噛み合わせと美しい歯列を手に入れることができ、結果として口腔内の健康状態の改善にもつながります。

総合診療を提供する歯科医院における矯正治療の利点

総合診療を提供する歯科医院における矯正治療の利点 (矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

私たちの医院では、すべての患者さんを大切な家族の一員と考え、治療にあたっています。矯正治療を受ける際、単に歯並びを整えるだけでなく、患者さんの口腔内を最適な状態にすることを目指しています。また、矯正治療中に虫歯や歯周病などの他の問題が発見された場合でも、別の専門医院への紹介ではなく、当医院で柔軟に対応可能です。これにより、患者さんは安心して歯並びの改善に専念することができます。
治療開始後に多くの方が実感される通り、健康な口腔環境を整えながら進める治療は、矯正治療の成功において非常に重要な要素です。

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか? (矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

すきっ歯

すきっ歯、または「空隙歯列」という状態は、歯と歯の間に空間が生じていることを指します。前歯において中央部に隙間が見られる場合は、「正中離開」と称されます。このすきっ歯には様々な原因がありますが、主に以下の三つが挙げられます。

生まれつきの歯の数が不足している、または歯のサイズが平均よりも小さい場合

これには、本来あるべき永久歯が欠けている「欠損歯」、または歯が小さい「矮小歯」という二つのパターンが存在します。どちらの場合も、歯列に余計なスペースが生じ、すきっ歯が形成される原因となります。

過剰歯による影響

正常ではない位置に存在する余分な歯、すなわち過剰歯が永久歯の適切な成長を妨げ、結果として隙間が発生します。これは特に上顎の前歯でよく見られます。

上唇小帯の異常

上唇と前歯の歯肉を繋ぐ小帯が異常に発達している場合、正中離開を引き起こす一因となります。

すきっ歯をそのままにしておくと、サ行などの発音に影響が出ることがあり、話し方に不自然さをもたらすことがあります。この影響は英語の発音にも及ぶことがあります。
また、歯間に隙間があると食べ物が挟まりやすくなり、歯肉を傷つけて歯周病の原因にもなります。正しい歯並びでは歯がきっちりと接しているため、食べ物が挟まりにくいのです。このように、すきっ歯は見た目の問題だけでなく、発音や口腔衛生にも影響を与えるため、早めの対処が望まれます。矯正治療を通して、これらの問題を解消し、健康的かつ魅力的な笑顔を取り戻すことができます。

噛み合わせ改善

噛み合わせが正しく整っていると、食物を効果的に細かくし、胃腸への負担を軽減できるため、栄養吸収を促進し、健康を支えることができます。一方、噛み合わせが適切でない場合、口内だけでなく全身の調和にも影響を与え、頭痛や肩こり、腰痛などの慢性的な問題を引き起こす原因となり得ます。
当院では、噛み合わせに起因する問題を根底から解消するために、精密な診断と個別に最適化された治療計画を提案しています。人体は非常に複雑なシステムで構成されており、一見無関係に見える部位も実は深く関連しています。噛み合わせは、口腔の健康だけでなく、全身の健康にも大きな影響を及ぼす重要な要素です。
当院では、噛み合わせの改善を目指し、患者さんの口腔内状態に応じた検査と分析を実施しています。これには、口腔内の型取りを行い、歯模型を作成して咬合器に装着し、歯並びのズレや圧力の偏りを詳細に分析する作業が含まれます。また、必要に応じてレントゲンや顎機能検査を行い、より詳細な診断を行います。これらの検査結果を基に、患者さんお一人おひとりに合わせた治療計画を立案し、健康な全身状態の維持に努めます。

出っ歯の矯正について

出っ歯、すなわち「上顎前突」は、上顎の前歯が顕著に前方に傾斜しているか、上顎の歯列全体が前方に突出している状態を指します。場合によっては、下顎の発育不足や後退した位置が、出っ歯の印象を強めることもあります。
この状態は、日々の生活にさまざまな不便をもたらします。特に、口を自然に閉じにくく、リラックスした状態での口元の維持が困難になります。また、顔面を傷つけた際に、出っ歯のために前歯がダメージを受けやすく、唇の怪我のリスクも高まります。

咬み合わせが原因で、下顎の前歯が上顎の前歯の裏側に位置する歯肉を刺激し、歯肉の傷害や炎症を引き起こすこともあります。これは長期にわたって口内健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
出っ歯は、見た目の問題にとどまらず、口内健康や顔の機能面に影響を及ぼします。そのため、適切な時期に専門の歯科医師による診断と矯正治療を受けることが推奨されます。適切な治療を受けることで、美しく健康的な笑顔と口腔状態を実現することができます。

前歯の微調整を希望される方へ

前歯の部分的な矯正は、多くの方が求める審美的な見た目の向上策です。よくあるご要望として、「前歯の不均一な高さを揃えたい」「前方に出ている前歯を引っ込めたい」「一本だけ曲がっている前歯を直したい」といったものがあります。これらは見た目の印象を直接的に改善し、自信を高める効果が期待できます。
確かに、限定された範囲の前歯だけの矯正は可能ですが、特定の歯を調整する際は、隣接する歯への影響も考慮する必要があります。例えば、二本の前歯が不揃いである場合、それらを整えるためには、適切な位置にスペースを確保する必要が生じます。通常、このような治療では、片顎で4本から10本の歯の調整が伴います。
さらに、上顎の前歯のみを対象とする場合でも、下顎の歯との適正な咬合を保つことが不可欠です。不適切な咬合は、顎の健康を損ねる可能性があり、噛む力の不均衡が歯の損傷や意図しない歯の移動を引き起こすことがあります。そのため、部分矯正においても、慎重に上下の歯の調整を行うことが重要となります。

受け口の矯正について

受け口、または「反対咬合」という状態は、下顎の歯が上顎の歯よりも前方に位置する特徴的な咬み合わせを指します。この現象は、前歯の傾斜不足、下顎の過度な発達、または上顎が小さいことによって生じることがあります。特に下顎のサイズに関連する問題は、顎の成長過程で変化するため、治療は成長が一定の段階に達した後に継続する必要がある場合があります。
受け口は見た目の問題だけでなく、機能的な側面にも多大な影響を及ぼします。適切な咬み合わせがないと、食べ物を十分に噛み砕くことが難しくなったり、顎の位置が発声に悪影響を及ぼして話しにくくなったりすることがあります。
反対咬合の問題は、早期に適切な診断と矯正治療により改善することが可能です。矯正治療を行うことで、正しい咬み合わせを取り戻し、美しい笑顔のみならず、発声や咀嚼機能の向上にも寄与し、生活の質を高めることが期待されます。

矯正治療後の後戻り対策

かつて矯正治療を受けたものの、歯並びが元に戻ってしまう後戻りは、治療直後の歯周組織が未だ安定していない状態で歯が移動しやすくなることで起こります。この現象は、どの矯正手法を選択しても発生する可能性があります。特に部分矯正を施した場合、限定された範囲の調整が全体のバランスに影響を及ぼし、複雑な状況を引き起こすため、後戻りが生じやすくなります。また、治療後の保定期間にリテーナーを適切に使用しないことや、舌の癖、親知らずの圧力なども後戻りに影響します。矯正後の歯並びの安定を図るためには、リテーナーの正しい使用や必要に応じて親知らずの管理が重要です。

八重歯の矯正治療

一般に八重歯や乱ぐい歯と呼ばれる叢生は、歯が不均一に並ぶ状態を指します。特に糸切り歯が際立っている場合は八重歯とされ、文化によってその評価は異なりますが、歯の清掃が困難になり、虫歯や歯周病のリスクを高める問題を抱えています。歯列の不均一さは、歯と顎の骨のサイズの不一致が原因で、適切な矯正治療により、清掃しやすい整った歯並びを実現し、口腔衛生の向上を目指します。

ガミースマイルの改善

ガミースマイルは、笑った際に歯茎が目立つ状態を指し、特に歯茎が1~2mm以上露出すると気になることがあります。この状態は、骨格や歯並びに起因することが多く、遺伝的な要素も関与しています。骨格的な要因が大きい場合は、外科手術と矯正治療の併用が効果的ですが、最近では矯正治療だけでも改善が見込めるケースが増えています。ガミースマイルの根本的な原因を正確に診断し、最適な治療計画を立てることが重要です。

歯の移動原理について

歯の移動原理について (矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

歯が移動する仕組みは、非常に興味深く、魅力的な現象です。歯とその周りを囲む歯槽骨の間には、歯根膜と呼ばれる繊維質の豊かな組織が存在しています。矯正装置が歯に適切な力を加えると、この歯根膜が圧縮され、その圧縮された側には骨を溶解させる細胞が活性化し、反対側では骨を形成する細胞が活動を開始します。結果として、歯はゆっくりと新しい位置に移動していきます。これは、歯が骨内を自然に移動する際のプロセスと同様です。矯正治療においては、この力の強さや向きを細かく調整し、歯を自然かつ適切な位置に導きます。
しかし、矯正治療にはその限界があり、歯が移動できる範囲は以下の要素によって影響を受けます。

骨格的不整合に対する移動の限界

骨格的な不調和が原因である場合、歯の移動のみでは理想的なかみ合わせを実現することが困難な場合があります。

顔貌への影響の限界

歯の位置変更は、顔の外見に影響を与える可能性があります。

オーバージェットの調整の限界

上下の前歯間の距離が広い場合の調整。

上下顎の中心線の合致

顎の中央線を合わせる調整。

過去の抜歯や生まれつきの歯の欠如による隙間

これらの空間を埋めることも矯正治療の対象となります。

これらの要因を考慮し、矯正治療は患者さん一人ひとりの状態に合わせて精密に計画され、実施されます。

矯正の抜歯と非抜歯について

矯正の抜歯と非抜歯について(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

矯正治療で抜歯が行われる理由

矯正治療では、理想的な歯並びを目指す過程で、抜歯が必要な場合があります。この処置は、口内の限られた空間で、歯と顎の大きさの不一致を解消し、適切な配置を実現するために行われます。
抜歯が必要になる主な理由には、歯の大きさが顎のサイズに対して大きい場合や、歯の本数が多い状況が含まれます。このような状態では、歯が正しく並ぶことなく、歯並びの乱れが生じます。そこで、選択された歯を抜くことにより、残る歯を均一に配列し、適切な咬み合わせを形成することが可能となります。
抜歯する歯の選定にあたっては、咬合への影響が最も少ない選択を心掛けます。多くの場合、第一小臼歯や第二小臼歯が抜歯されることが多いです。これらの歯は、前歯や犬歯と比べて噛む機能への寄与が少なく、また、矯正治療中の歯の移動距離を減らす効果も期待できます。親知らずが矯正治療へ影響を与える場合にも、抜歯が行われることがあります。
抜歯にかかる費用は、1本につき概ね5,000円から10,000円の範囲内であり、自費治療に分類されます。ただし、虫歯や歯周病の治療が伴う場合、例えば親知らずの抜歯などは、健康保険が適用されるケースもあります。抜歯が必要な本数は患者さんごとに異なりますので、不安がある場合は、セカンドオピニオンを求めることも推奨されます。

非抜歯矯正治療について

非抜歯での矯正治療が適用される状況とは、歯列の乱れが比較的軽度であり、歯と歯の間に適度なスペースが存在する場合を指します。例としては、軽い歯の不揃いやすきっ歯などがあり、これらの状態では抜歯を行わずに矯正治療を進めることが可能です。一方で、顎のサイズが小さく歯の凸凹が大きい場合や、顕著な出っ歯や受け口などの場合は、治療に必要なスペースを確保するために抜歯の選択が必要になることがあります。
非抜歯矯正の利点は、特に子どもの成長期において明らかです。成長途中の顎は骨が柔らかく、適切な治療によって顎の成長を促し、永久歯が整然と配置する基盤を形成することができます。早期治療により、将来的に抜歯なしで済む可能性が高まります。
非抜歯矯正には、奥歯を後ろに移動させてスペースを作る手法、歯の側面をわずかに削るストリッピング、顎の拡大などの方法があります。奥歯を移動させる際には、通常親知らずが抜歯されますが、それ以外の歯はそのままです。ストリッピングは軽い歯の不揃いに有効で、顎の拡大は子どもの治療に特に効果的ですが、成人への適用は限界があります。
抜歯を伴う矯正治療の利点は、治療に必要なスペースを容易に確保できることや、治療計画が立てやすい点にあります。しかし、抜歯に伴う一時的な痛みや腫れ、治療期間の延長などのデメリットも考慮する必要があります。そのため、患者さんの要望や口腔全体の状態を総合的に評価し、最適な治療方針を決定することが肝心です。

当院で提供する矯正歯科治療の種類

当院で提供する矯正歯科治療の種類(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

マウスピース矯正(インビザライン使用)

マウスピース矯正(インビザライン使用)(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを使用した最先端の矯正方法です。この治療法は、定期的に交換するマウスピースを用いて、段階的に歯を目標の位置へ移動させます。特に注目すべきは、マウスピースの透明性で、装着していても矯正中であることが外見からほとんど分かりません。これにより、日々の生活を矯正治療の心配をせずに送ることが可能になります。

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

ブラケット矯正は、各歯にブラケットと呼ばれる小さな固定具を装着し、そこを通したワイヤーに力を加えることで、歯を徐々に所望の位置へ導く治療法です。この方法では、目標とする歯列に合わせて精密に力を調整する必要があります。ブラケット矯正の特徴は、装置の種類が多岐にわたり、患者さんの状態やニーズに応じた多様な選択肢を提供できる点です。

小児矯正

小児矯正(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

子どもの矯正治療は、成人とは異なる特別なアプローチが求められます。成人は歯並びが安定し、骨格の成長も完了していますが、子どもはまだ顎の成長が進行中であるため、治療方法が異なります。子どもの場合、顎の成長過程で発生する歯並びの問題に対して、成長を利用した治療が可能であり、骨格的な調整が比較的容易です。大人になってからの矯正では、成熟した骨格内での調整になるため、骨格による制約が生じることがあり、顎の位置の調整を伴う外科手術が必要になるケースもあります。

矯正治療を検討しているが、こんな悩みありませんか?

矯正治療を検討しているが、こんな悩みありませんか?(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科
  • 不揃いな歯並びに自信が持てず悩んでいる
  • 以前から歯並びの問題が気になっている
  • 写真を撮るときに笑うことを避けてしまう
  • 人前で食事をする際に不安を感じる
  • 出っ歯や受け口で困っている
  • 特定箇所の矯正を考えている
  • 理想の美しい歯並びを目指している
  • 目立つ矯正器具の使用を避けたい
  • 矯正治療の費用をできるだけ低く抑えたい
  • 他人に矯正治療を気付かれたくない
  • 金属アレルギーがあり、矯正方法に制約がある

これらのどれかに該当する場合、マウスピース矯正が適した治療法である可能性が高いです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン使用)

マウスピース型矯正装置(インビザライン使用)(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

マウスピース型矯正(インビザライン使用)にご興味をお持ちの皆様、インビザラインによるマウスピース矯正は、患者さんの負担を大幅に軽減する矯正治療法です。インビザラインを利用した治療は、世界中で600万人以上の患者さんに選ばれています(2019年4月時点)。これまでの矯正治療が個々の歯科医師の経験や技術に依存していたのに対し、膨大なデータベースを基に進化を続けるインビザラインは、これまで以上に最適な矯正治療を提供します。

インビザラインが広く受け入れられている理由

幅広い年齢層への対応可能性

インビザライン矯正は、6歳の子供から成人まで幅広い年齢層に適応可能です。患者さん一人ひとりのニーズに合わせた柔軟な治療が行えます。軽度の歯並び不正から、小児矯正まで、コストを抑えて効率的な治療を実現できます。また、成人の細かな要望にも応えることが可能です。

目立たない治療の実現

インビザラインの最大の特長は、その目立たない透明なマウスピースです。公共の場でも、写真や動画を撮る際も、矯正装置が目立つことはありません。日常生活やスケジュールを変更することなく治療を進めることができます。さらに、従来の舌側矯正に比べて治療費は約半額で済むため、経済的な負担も軽減されます。

患者さんの負担を軽減する治療方法

理想の笑顔を形作る「スマイルライン」を目指し、従来の金属ワイヤーやブラケットを使用した矯正治療に比べて、マウスピース矯正は患者さんの負担や不快感を大きく軽減します。マウスピースは食事や歯磨きの際に取り外し可能であり、これにより食事を制限されることなく、また歯磨きが困難になることなく、虫歯や歯肉炎のリスクを避けられます。また、装着時の違和感が少なく、日常会話にも影響しません。
通院の頻度も減り(2~3ヶ月に1回)、各治療の所要時間も短縮されます。遠方からの患者さんも安心して通院いただけ、装置が外れる心配もありません。ただし、マウスピースの正しい装着が治療の成功には不可欠です。

iTero(アイテロ)との相性

当院では、iTeroエレメントという最先端の口腔内スキャナーを導入しています。これにより、従来必要だった歯型を取るための印象材を使用する手間が不要になりました。これは、特に苦手意識を持つ方々にとって大きな利点です。子供から大人まで、ストレスなく迅速に歯の状態を記録できます。
このデジタル技術の活用により、治療の準備から完了までの期間を短縮し、患者さんの苦痛を最小限に抑えることが可能になりました。さらに、治療前の歯並びと治療後の予測される結果を画像で確認できるため、治療に対するイメージを具体的に持つことができます。ご希望の方には、これらの画像をメールで送付することも可能です。

従来の矯正よりも治療費用が安い

インビザライン矯正は、従来のワイヤーを用いた矯正治療に比べて、約30%低い治療費で提供可能です(当院基準)。また、定期的な来院での調整費用が不要である点も大きな利点です。
歯の不揃いや噛み合わせの問題で悩む方は多く、学校の検診で不正咬合が指摘されるお子様も少なくありません。お子様には最善の治療を受けていただきたいと考える親御さんも多いでしょう。
インビザラインによる「スマイル」矯正を、ぜひお早めにご検討ください。痛みを我慢せず、理想の笑顔を手に入れることができます。

インビザラインが最適な方

  • 進学や就職に合わせて、美しい歯並びを望む方
  • 職業上、目立たない方法で矯正を希望する方
  • 結婚式を控えており、矯正器具を取り外したい方
  • スポーツや楽器演奏に影響が少ない矯正方法を求める方

マウスピース矯正治療の流れ

1. 口内検査

お口の状態を詳しく検査し、治療計画に必要なデータを収集します。治療の内容、費用、期間について詳しくご説明いたします。

2. 矯正装置の装着

装置の取り付けには約1~2時間を要します。装置により歯を徐々に移動させるため、3~4週間ごとの調整が必要です。治療期間は概ね2年から2年半を見込んでいますが、個々の状態により異なります。最適な結果を目指して、治療計画を提案させていただきます。

3. 治療の完了

レントゲンで最終的な歯の位置を確認し、理想的な状態であることをもって治療は完了します。

4. 保定期間

治療後、歯が元の位置に戻りやすいため、一定期間、固定用の装置を使用します。その後は、定期検診にて歯の状態をチェックしていきます。

マウスピース矯正に関するよくある質問

マウスピース矯正に関するよくある質問(矯正歯科)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

最初のカウンセリングでは、お口の現状を確認し、矯正治療に関する基本情報をご提供します。この初回カウンセリングは無料で行っております。

治療期間は、患者さんの口内環境や治療計画によって異なります。具体的な期間を知りたい場合は、初めてのカウンセリングでご相談ください。

インビザラインに年齢制限は設けておりませんが、歯の成長が完了している方の場合、歯の移動が難しくなり治療期間が延びる可能性があります。

インビザラインは、ワイヤー矯正と同様に広範囲の症例に対応可能です。ただし、患者さんの具体的な口内状態に基づいた評価後の判断となります。骨格に問題がある症例では、適さないことがあります。

一般的には、虫歯や歯周病の治療が終わってから矯正治療を始めることをおすすめします。インプラントは移動させることができませんが、差し歯は調整可能です。ブリッジなどの連結補綴物がある場合は、除去や連結部の処理を通じて矯正が可能な場合もありますが、患者さんの口内状態により対応は異なります。

食事前にはマウスピースを外してください。基本的に飲食に制限はありませんが、色の濃い飲み物はマウスピースに色素が沈着する可能性があるため外した方が良いでしょう。また、酸味や糖分が含まれる透明な飲み物でも、虫歯のリスクがあるため注意が必要です。味見する際も、マウスピースを外すことをお勧めします。

歯を段階的に移動させるため、大きな痛みは通常ありません。痛みの感じ方には個人差がありますが、通常、強い痛みを感じることは少ないです。

リテーナーは、矯正治療後に歯の位置を維持するために使用される保定装置です。インビザライン治療後にも、他の矯正方法と同様に利用されます。ビベラリテーナーは透明で目立ちにくいため、装着していても安心です。

Contact

お問い合わせ

各種お問い合わせは下記よりお願いいたします。