無痛治療/静脈内鎮静法|広尾駅徒歩2分の歯医者・歯科は渋谷区総合歯科医院の広尾麻布歯科

受付時間

平日

9:30〜19:30

土日祝

9:30〜18:00

pc

WEB予約

pc

WEB予約

pc

平日 9:30〜19:30
土日祝 9:30〜18:00

       アクセス

アクセス

無痛治療/静脈内鎮静法

無痛治療/静脈内鎮静法

Medical information

無痛治療について

無痛治療について(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

無痛治療とは、患者さんが治療中の痛みをほとんど、または全く感じないようにするための医療手法です。

このアプローチには、局所麻酔の使用や、レーザー治療による痛みの最小化、さらには微細な治療器具を用いて歯への影響を抑える技術が含まれます。
痛みを伴わない治療は、患者さんの不安や恐れを大幅に軽減することが可能です。特に、無痛治療を実施することで、治療への抵抗感を減少させ、より積極的に医療ケアを受けることが可能になります。
一部の患者さんは、麻酔注射そのものに対して恐怖を感じる場合がありますが、現代の麻酔技術には、注射時の不快感を減少させるための工夫が施されています。これにより、患者さんは治療をより快適に受けることができ、心理的な負担も軽減されます。
無痛治療は、患者さんにとってのストレス軽減だけでなく、治療の質を向上させる重要な要素として、現代歯科医療においてますます重視されています。

虫歯治療時の痛みの原因について

虫歯治療時の痛みの原因について(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

虫歯治療で感じる痛みはどこから来るのでしょうか?
実は、歯の最外層を構成するエナメル質は、その硬さが水晶に匹敵します。
歯の構造について理解することで、治療時の痛みの原理が明確になります。歯の外側を覆うエナメル質は、削られても痛みをほとんど感じません。
しかし、エナメル質の内側にある柔らかい象牙質は異なり、無数の微細な管(象牙細管)が神経へと続いています。
内部に位置する神経は、象牙質を介して痛みや温度の変化などの刺激を感じ取ります。
虫歯がこの象牙質や更に深い神経層に達してしまうと、削る際に痛みが発生します。
根管治療では、神経を除去後に進められるため、基本的に痛みは感じませんが、例外もあります。
歯を支える歯根膜が敏感な方や、歯根の先端に亀裂がある場合は、根管治療中にも痛みを感じやすいのです。

無痛治療への取り組みと工夫

無痛治療への取り組みと工夫(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

表面の鎮痛

注射時の微小な痛みを軽減するため、歯肉に塗るジェル状の局所麻酔を使用し、一時的に歯茎の感覚を麻痺させます。

麻酔薬の温度調整

麻酔薬の体内への注入時に感じる温度差による不快感を避けるため、人体温度に近い温度に予め麻酔薬を温めて使用します。

細い針の使用

局所麻酔の注射における不快感を最小限に抑えるために、直径わずか0.26mmの極細「33ゲージ」針を採用しています。これは蚊の針に匹敵する細さで、痛みを大幅に軽減します。

注入速度の調整

麻酔薬の注入圧が与える不快感を軽減するため、電動注入器を使用し、麻酔薬を一定の速度でゆっくりと注入します。

麻酔作用時間の配慮

麻酔効果が発現するまでには一定の時間が必要です。当院では、患者さんが快適に治療を受けられるよう、
麻酔が十分に効くまで待つことを心がけています。

これらの取り組みにより、当院では患者さんが治療中の不安や痛みを感じることなく、安心して治療を受けられる環境を提供しています。

無痛治療における5つの主要技術

無痛治療における5つの主要技術(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

無痛治療は、痛みを最小限に抑えるための様々な手法を取り入れた治療法です。
以下はその代表的な5つの方法です。

表面麻酔

表面麻酔(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

この方法では、麻酔薬を口内の粘膜に塗布し、局所的に麻酔効果を発揮します。特に、スケーリングや麻酔注射前、または嘔吐反射が強い方の型取り時に有効です。塗布する前には、該当部位を乾燥させ、数分待ってから治療を始めます。

電動注射器

電動注射器(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

電動注射器は、一定の速度で麻酔薬を注入し、注射に伴う痛みを軽減します。細い針を使用するため、針の挿入による痛みも少なくなります。

マイクロスコープ

マイクロスコープ(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

マイクロスコープを使用することで、目に見えない細部まで精密に治療することが可能になり、結果として痛みを低減できます。虫歯治療や根管治療、歯周病治療において、細かな部分の治療を効果的に行うことができます。

歯科用レーザー

歯科用レーザー(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

レーザー治療は、痛みや治療後の回復期間を大幅に短縮することができます。レーザーの精密な照射により、治療部位を最小限に抑え、痛みの少ない治療を実現します。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

特に治療に対する恐怖心が強い方や、嘔吐反射が強い方に適しています。患者さんの意識を保ちつつ、精神的な緊張を和らげることが可能です。患者さんの安全を第一に、常にモニタリングしながら行います。

これらの技術は、歯科治療における患者さんの不安や痛みを軽減し、快適な治療環境を提供するために導入されています。

静脈内鎮静法(セデーション)について

静脈内鎮静法(セデーション)について(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

快適な治療体験を実現する静脈内鎮静法

静脈内鎮静法(セデーション)とは、患者さんがリラックスした状態で治療を受けられるよう、鎮静剤を静脈注射する方法です。この方法は全身麻酔とは異なり、軽い意識のもとで安全に治療を受けられます。
広尾麻布歯科では、患者さんの不安を和らげ、リラックスした状態で治療を受けられるように、この静脈内鎮静法を取り入れています。麻酔科の専門医が、患者さんの全身の状態を注意深く監視し、安定した治療環境を維持します。意識は保ちつつ、リラックスした状態での治療は、患者さんにとって非常に快適な体験となります。

安全性に配慮した治療

静脈内鎮静法は、その高い安全性により、歯科治療だけでなく、内視鏡検査などの医療分野でも広く利用されています。全身麻酔に比べて、呼吸機能を保つことができ、麻酔によるリスクが大幅に低減されます。治療中の血圧や心拍数などを専門医がリアルタイムで監視し、患者さんの安全を最優先に考えています。

幅広い適用範囲

高血圧や心疾患など、さまざまな健康状態を有する患者さんにも適用可能な静脈内鎮静法。身体への負担が少なく、不安や恐怖心を感じることなく、安心して治療を受けることが可能です。

術後の快適性の向上

広尾麻布歯科では、静脈内鎮静法を採用しており、治療に伴う不快感を大幅に軽減しています。この方法で使用される薬剤には、点滴を通じて体内に直接輸入される輸液、鎮静剤、抗生剤、必要に応じてステロイドが含まれます。特に抗生剤は術後の感染リスクを低減し、ステロイドは腫れを効率的に抑制します。このように直接静脈に投与されるため、従来の内服薬よりも効果が早く、より確実に得られるのが特長です。

施術後の迅速な回復

静脈内鎮静法を用いた場合、全身麻酔後に見られるような長引く麻酔効果の残留が少なく、患者さんは施術後すぐに意識の回復を見せます。これにより、全身麻酔が必要な手術と違い、入院の必要性がなく、施術後は比較的短時間で日常生活に戻ることが可能です。ただし、術後には個人差があり、一時的な眠気や軽度のふらつきを感じる場合があります。そのような状況では、無理をせず十分な休息を取り、体調が整ってからの帰宅をお勧めしています。

静脈内鎮静法(セデーション)の適用

静脈内鎮静法(セデーション)の適用(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

静脈内鎮静法(セデーション)の推奨対象者
広尾麻布歯科では、以下のような患者さんに静脈内鎮静法を特にお勧めしています。

  • 恐怖心や痛みに対して敏感な患者さん: 治療への恐れが強い、または痛みに対して特に敏感な方々が、治療中の不安やストレスから解放され、穏やかな状態で治療を受けることができます。
  • リラックスして治療を受けたい患者さん:治療に関する不安や緊張を和らげ、リラックスした状態で治療を受けることを希望される方々に適しています。治療の記憶が曖昧になることもあり、心地よい経験として治療を受けられます。
  • 基礎疾患をお持ちの患者さん:高血圧や心疾患などの基礎疾患を持つ患者さんも、静脈内鎮静法の下で、治療中の身体的リスクを最小限に抑えつつ安全に治療を受けることが可能です。
  • 嘔吐反射が強い患者さん: 口腔内治療時に嘔吐反射が強い方にとって、この方法は治療をよりスムーズに進めることを可能にします。
  • 長時間治療が必要な患者さん:長時間にわたる治療を予定している場合、静脈内鎮静法は治療中の身体的、精神的負担を大幅に軽減し、患者さんが感じる治療時間を短く感じさせる効果があります。

無痛治療による歯科体験のイメージを変える

無痛治療による歯科体験のイメージを変える(無痛治療/静脈内鎮静法)|広尾駅の歯医者・歯科:広尾麻布歯科

過去に抱える歯科治療のネガティブなイメージを払拭しませんか?子ども時代の恐怖体験や、訴えが聞き入れられなかった苦い記憶は、多くの人が歯科診療へのステップを重くしています。
広尾麻布歯科では、患者さんの話に耳を傾けること、治療方針を丁寧に説明すること、そして極力痛みのない治療を心掛けることに特に力を入れています。

ただし、状況によっては全く痛みを感じない治療が難しい場合もあり得ます。そのような時には、痛みを最小限に抑えるための準備や、可能性についてあらかじめ詳細に説明し、治療への理解と同意を得た上で進めます。
治療中も、患者さんにはいつでも不安や質問を挙げていただけるよう、コミュニケーションを大切にしています。不快感や疑問が生じた場合は、直ちに治療を中断し、患者さんの声に耳を傾ける体制を整えています。
痛みへの配慮を重視した治療をご希望の方は、ぜひ広尾麻布歯科までお気軽にご相談ください。あなたの歯科医院に対するイメージが一新されるかもしれません。

Contact

お問い合わせ

各種お問い合わせは下記よりお願いいたします。